不動産賃貸で必要になる費用

賃貸物件を契約する際には、敷金や礼金の他にも様々な初期費用がかかります。
こちらのページでは、不動産賃貸で必要になる費用の基礎知識についてご紹介致します。

敷金

賃貸住宅を退去する際、部屋を修繕するための担保金のことで、賃貸契約時に支払います。
賃貸物件を見学する際に部屋がきれいに整っているのは、以前住んでいた住人の敷金で、壊れたり汚れたりした箇所を修繕・クリーニングを行っているからです。敷金は、修繕箇所が少なかったりすると戻ってくる場合もあります。

礼金

賃貸契約時に大家さんへ支払うお金のことで、古くから日本にある習慣です。挨拶やお礼として支払うもので戻ってくることはありません。近年では礼金なしの不動産賃貸もあるため、少しでも初期費用を抑えたいという方は礼金なしの賃貸物件を探してみるのも一つの手です。ウィルシティでも礼金ゼロ円物件をご紹介しております。

仲介手数料

契約の仲介をしてくれた不動産会社へ支払う手数料のことです。法律によって家賃の1ヶ月分(消費税込)を超えないよう定められています。直接賃主から不動産賃貸をした場合には、この仲介手数料は発生しません。

共益費・管理費

賃貸マンションやアパートの場合、共有スペースの維持管理に使用する費用です。例えばエレベーターや駐車場の清掃・照明の交換費用などに充てられます。地域によっては管理費と表示することもあり、毎月の家賃と一緒に支払うケースが多いです。

更新料

賃貸物件の契約満了後にも継続して住む際に支払う費用です。一般的な賃貸物件の場合、契約期間は2年契約となっていることが多く、相場は家賃の約1~2ヶ月分です。もちろん退去するのであれば更新料はかかりませんが、契約更新をするのでしたら2年毎に更新料が必要です。

品川区にありますウィルシティでは、城南エリアを中心に、住居・店舗・事務所の賃貸仲介を行っております。
単身向けやファミリー向け、新婚さん向けなど人気の賃貸物件を揃えておりますので、新居をお探しでしたらお気軽にお問い合わせ下さい。